授業力の向上を目指して(6月21日)

本校は今年度、富山県教育委員会の事業である学力向上市町村教育委員会プラン研究委託事業の「学力向上対策研究拠点校」の指定を受けています。この研究の支援として、来週月曜日には西部教育事務所から指導を受ける支援型訪問研修会を実施する予定です。そこで国語科の授業を公開する6年2組では、3限に公開授業の前の時間の授業を行っていました。説明文の学習なので、論を展開するための文章構成の工夫を理解しながら、筆者の主張を読み取り自分なりの考えをもつことがねらいです。これまでの学習の経緯が壁面に掲示されていますが、それも活用しながら、しかも叙述に即して考えを話し合うという学習を展開していました。6年生に求められているのは、相当高度な言語能力、国語力だということが分かります。指導するためには教師の授業力の向上が不可欠です。

カテゴリー: 6年生, 学校生活, 校内研修 パーマリンク