「浮いて待て」(7月12日)

体育の水泳の学習の一環として、「浮いて待て(着衣泳)」の学習を行いました。砺波消防署から3人の職員の方に指導に来ていただき、1年、3年、5年生が受講しました。服を着たまま水に入るとどうなるかを体験し、救助までの間浮いて待つことができるように練習しました。身近には水に浮くものが結構あるので、それにつかまって静かに浮いていることができれば助かる確率も上がります。大きな水害がいつ起きるかも分からない中、このような体験を通した学習がこれからますます必要になると考えています。

カテゴリー: 1年生, 3年生, 5年生, 今日の出来事 パーマリンク