南部っ子の朝(12月11日)

「南部っ子のたからもの」については、本校の子供たちの中に受け継がれているよさであることはよく紹介しています。

今朝もたくさんの「たからもの」が光りました。順に紹介します。

登校の様子です。班長を先頭に、一列で登校し、元気に挨拶します。

 

また、最近の前庭は、メタセコイヤの落ち葉で大変なことになっています。細かくて濡れると貼り付いて取れないので、子供たちの足の裏にくっついて、ご家庭の玄関まで入り込んでいるのではないでしょうか。

そこで6年生の「南部っ子タイム」はボランティアタイムになります。ほんの10分ですが、みるみるすっきりして、気持ちのよい前庭になりました。

そのころグラウンドでは、1年生から5年生が自分の目当てに合わせてダッシュを繰り返しています。いつもは6年生も一緒ですが、ボランティアや委員会の仕事などでいなくても、上学年を中心に、いろいろな学年の子供たちが一緒に楽しく走ります。

児童玄関では、2年生と3年生の当番の子供たちががウサギと小鳥の世話をしています。

南部っ子の朝は、寒い季節を迎えてもキラキラしています。

カテゴリー: 1年生, 2年生, 3年生, 4年生, 5年生, 6年生, 学校生活 パーマリンク