思わぬプレゼント(5月21日)

分散登校でしたが、本当に久しぶりに子供たちが学校にもどってきました。学校中が喜びにあふれ、子供も先生もにこにこしているような気がしました。子供たちが元気に下校していく中、中学校に送り出した卒業生の一人が学校に来てくれました。手には、新聞紙で作った袋が、その中には、たくさんの紙箱が詰まっていました。3月の休校中に、6年生が学校のためにと、給食で使う紙箱作りに取り組んでいました。卒業式に何人もの子供が持ってきてくれたのですが、さらに届くとは思ってもいなかったので、うれしくなりました。メッセージを読み、南部っ子の宝物「やさしい心」を持ち続けていることに心が熱くなりました。学校が再開したら、大事に使いたいと思います。

カテゴリー: 今日の出来事 パーマリンク