氷見へー4年生ー(2月1日)

社会科「ゆたかな自然を生かすまち」の学習で、「氷見市漁業文化交流センター」と「ひみ番屋街」へ行ってきました。「氷見市漁業文化センター」では、定置網の模型を見ながら漁についてのお話を聞いたり、漁に使う道具を見たりしました。小さい魚はとらないように網の目の大きさを変えるなど、漁師さんが海の環境を大切にしながら工夫して漁をしていることを知ることができました。「ひみ番屋街」では、実際に氷見でとれた寒ブリ等の魚を見ました。まだ動いているカニを見て、氷見の魚の新鮮さを感じたようです。

カテゴリー: 4年生 パーマリンク