3年国語「すがたをかえる大豆」(11月29日)

「すがたをかえる大豆」は、大豆のよさに気付き、おいしく食べるための工夫をして食事に取り入れてきた昔の人の知恵の素晴らしさが書かれた説明文です。
今日は、おいしく食べるための工夫例5つの並べ方について、筆書の意図を考えました。
「『一番分かりやすいのは』と書いてあるから、分かりやすい順番に書いてある。読者も読みやすい」
「姿を変えていない順じゃないかな。『一番分かりやすいのは・・・』と書いてあるから」
「作るのが簡単な順番じゃないかな」
どの子も一生懸命考えていました。

 

カテゴリー: 3年生 パーマリンク